ダイエットを始めるとよく聞く「有酸素運動」と「無酸素運動」ってどちらが脂肪燃焼の効果が高いの?

あなたは、ダイエットをしようと思った時に、運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」の2つのタイプがあると聞いたことはありませんか?体脂肪を減らして激やせするには、この2つの運動を上手に取り入れる必要があります。ここでは、その違いやダイエット効果についてお伝えしましょう。

■2つの運動はどう違うのか?

有酸素運動とは、自転車に乗ったり、水泳したりランニングしたりする運動のことを指します。これに対して無酸素運動とは、主に筋トレにつながるような運動のことです。つまり、ダンベルを上げ下げしたり、腕立てふせなどを何回も繰り返すような運動となります。

前者を行えば、体に蓄積された脂肪がエネルギーとして燃焼され、それによって体脂肪が減っていきます。後者の場合は、血液の中に乳酸が溜まり、それを引き金として脳内から成長ホルモンとよばれるものが分泌されます。この成長ホルモンが体脂肪を燃やす働きをしてくれるでしょう。

■前者にはどのようなダイエット効果があるのか

有酸素運動は、無酸素運動よりも体脂肪を燃焼しやすく、痩せやすい効果があるとされています。それは、体に蓄積された脂肪を燃やしてエネルギーを作ることによって継続される運動だからです。

また、続けることによって健康にも良い影響があります。たとえば、血管が硬くなるのを防止するような作用もあるからです。体脂肪を燃やすためには、ランニングなどの運動を約20分以上は続けることが必要です。そうすれば、少しづつダイエットできる効果が得られるでしょう。

■後者にはどのようなダイエット効果があるのか

無酸素運動は、主に筋トレにつながる運動ですが、有酸素運動の前に15分~20分ぐらい行うことで、効果的なダイエットをすることができます。なぜなら、ランニングなどをして実際に体脂肪が燃焼されるまでには、最低でもそれぐらいの時間がかかるからです。

ですから、ストレッチ体操と筋トレを組み合わせて20分ぐらい継続し、その後にランニングをするというやり方もいいでしょう。体が生命を維持するために使用するエネルギーを基礎代謝と呼びますが、筋トレなどはこの基礎代謝を上げてくれる働きを持つといわれています。

■2つの運動を上手く組み合わせて痩せやすくしよう

理想的なのは、最初に筋トレやストレッチを行い、20分ぐらい経ったらランニングを始めるというやり方です。より痩せやすい運動にするためには、2つを上手く組み合わせましょう。

もちろん、ダンベルなどを上げ下げした後に、思いっきり水泳をしたりするのもいいですね。あなたが好きなタイプの運動を利用して、楽しみながら激やせするのを目指しましょう。

関連記事

NO IMAGE

ランニングダイエットで痩せるコツ♪朝食前に走るのがベストです!

NO IMAGE

運動ダイエットの基本!基礎代謝量を増やすことで痩せる体へと変化する!?

NO IMAGE

いつでも自宅で簡単にできるダイエット法「リンパマッサージ」の効果と方法

NO IMAGE

歩いて痩せる!効率的に減量するウォーキングダイエットの正しいやり方!

NO IMAGE

ピチピチ肌を取り戻せ!おうちで簡単、女子力高めるエクササイズダイエット!

NO IMAGE

痩せやすい体へと見る見る変化!身体の心から健康を整えるオススメダイエット法