美への追及!女性でも続けられる無酸素運動で素敵なボディラインを作り上げる!

筋肉を作り上げることで太りにくい体質へと変化していきます。筋トレダイエットを行うことによって、基礎代謝が上がるので脂肪を燃焼しやすくなります。筋トレは無酸素運動といって酸素をエネルギーとして使用しないことからそう呼ばれていますが、有酸素運動も脂肪を燃焼しやすくするものです。筋トレはダイエットに効果的なのは分かりますが違いなどがあるのでしょうか。

■脂肪を燃やすなら有酸素運動

有酸素運動はウォーキングや水泳など酸素をエネルギーとしている運動のことをいいます。脂肪を直接燃焼してくれるので脂肪を減らしたい場合には最適な運動と言えるでしょう。
それでは、無酸素運動は、反対に酸素を必要としないもので、脂肪を燃焼することにおいては有酸素運動に軍配が上がります。実は筋トレしている最中は脂肪を燃焼していません。有酸素運動ではない筋トレは意味がないのでしょうか?

■ポイントは筋トレのあと

筋トレは行っているときには、脂肪を燃焼することはないですが、筋トレ後は基礎代謝が上がります。また、代謝が上昇する時間帯が48時間なので、2日おきに筋トレをすることで、部分を鍛えることができる他、基礎代謝が上がり痩せる体質になります。

■脂肪の使われる割合が増える

基礎代謝が増えることで脂肪の使う割合が増えます。通常の割合は糖と脂肪で半分ずつ使用していますが、これが脂肪が7割ほどまでに増えていきます。つまり、筋トレ直後に有酸素運動などを取り入れると脂肪を落とすことが効率よくできるわけです。
ちなみに、筋トレは筋肉がついてもつかなくても、基礎代謝は上昇するので、ダイエットの効率が捗るということになります。.

関連記事

NO IMAGE

ダイエットを始めるとよく聞く「有酸素運動」と「無酸素運動」ってどちらが脂肪燃焼の...

NO IMAGE

痩せやすい体へと見る見る変化!身体の心から健康を整えるオススメダイエット法

NO IMAGE

ピチピチ肌を取り戻せ!おうちで簡単、女子力高めるエクササイズダイエット!

NO IMAGE

いつでも自宅で簡単にできるダイエット法「リンパマッサージ」の効果と方法

NO IMAGE

脂肪の蓄積を防ぐ骨盤矯正ダイエット方法紹介!手軽に「健康」と「痩せる」が実現でき...

NO IMAGE

引き締まる細い体造りへ~内側の脂肪燃焼には体幹運動が一番!~