運動ダイエットの基本!基礎代謝量を増やすことで痩せる体へと変化する!?

人は体を動かさないことで代謝が落ちてしまいます。年齢を重ねるうちに運動をしないと代謝が減っていき、消費よりも摂取カロリーの方が多くなってしまうので、体全体に燃焼しきれなくなった分が脂肪がついていきます。反対に積極的な運動を行うことによって筋肉をつけることで代謝を上げることができるのです。

■消費エネルギーが減少することが原因

基礎代謝は20代になると下がり始めるといいます。ダイエットなどで食事制限が簡単なことから基礎代謝だけでも減量は簡単になりますが、消費エネルギーが落ちることで、燃焼しにくいのと痩せにくい体質になります。
燃焼効果が少ないと摂取したカロリーを上手くエネルギーを作らずに元気のもとにはならずに脂肪に変換されます。食欲などは特に減衰しない方にとってはまさに悪循環となります。

■基礎代謝を増やすには運動が効果的!

運動はダイエットの基本ですが、継続は難しいものです。
ただ、食事制限だけでやり過ごすダイエット方法ですと、摂取カロリーが制限されるので、筋肉は次第に落ちていき、基礎代謝も下がって脂肪が燃えにくい体になります。食事制限をするダイエットで体脂肪が減りにくくなる時期がありますが、そのときは代謝が落ちている期間でもあるのです。筋肉をつけることで基礎代謝を上げることができます。

■運動を継続的に行うことで痩せる体質になる

つまり、日にちを空けた運動や燃焼されない程度の運動は基礎代謝を上げることはできないのです。有酸素運動でも無酸素運動でも、どちらにせよ、そのときだけエネルギー消費を増やすのではなく、継続的に運動しながら基礎代謝を増やす必要があります。ハードなトレーニングなどは必要ありませんが、適度な運動は毎日行うことで痩せる体を維持することができます。.

関連記事

NO IMAGE

美への追及!女性でも続けられる無酸素運動で素敵なボディラインを作り上げる!

NO IMAGE

脂肪の蓄積を防ぐ骨盤矯正ダイエット方法紹介!手軽に「健康」と「痩せる」が実現でき...

NO IMAGE

ダイエットを始めるとよく聞く「有酸素運動」と「無酸素運動」ってどちらが脂肪燃焼の...

NO IMAGE

いつでも自宅で簡単にできるダイエット法「リンパマッサージ」の効果と方法

NO IMAGE

ランニングダイエットで痩せるコツ♪朝食前に走るのがベストです!

NO IMAGE

引き締まる細い体造りへ~内側の脂肪燃焼には体幹運動が一番!~